AI&IoT倶楽部

AIとIoTをメインにIT全般を楽しむ倶楽部ですが他にも気になる事をブログします( ^ω^ )

学校教育でのIT活用には共同作業が面白い(後編)・・・

iPad一枚とを探しに出かけよう!

 f:id:candymat731:20170415235013j:image

実はこれ私の同業者であり親しくさせて頂いてます南會津で主にセキュリティーと学校活動でのITに取り組まれていて最近は私と同じApple Teacherの認定を受けている方が提案されているITを取り入れた学習方法の一部です。

このスライドが答えになるのかも知れませんが…

これはKeynoteのスライドです。前編の最後に課外学習などでのキーワードには『調査』や『纏め』と『発表』がありました!

今までIT学習を本格導入する前までは文字通りに調査の為のカメラや書き留める筆記用具を入れたペンケースを持って学習していましたがiPadが一枚あれば全ては揃いますよね

おまけに調べたい時にはネットで調べたり時には専門家の意見を聞く事も出来ますからねヽ( ゚ 3゚)ノ

調査と纏めはこれで出来ますが…課外学習で結構重要な事が共同作業なのです!

例えば班で動植物を調査する時にカメラで撮影する事ややネットで調べる事をした後は班で纏める調査報告書なるものに纏める必要が有りますよね?

その時に必要となる機能が共同作業モードになります!

正しくは共同制作と云う機能を利用すれば、例えばPagesで一つのドキュメントを共同制作で登録したメンバーが4人居れば4人で一つのドキュメントを共有して書き込みや修正も出来ますからね!

例えば4人で班を構成する時に写真動画担当文章構成担当に別れたとして写真動画担当りがカメラビデオアプリで撮影してからPagesに貼り付ける作業と文章担当が記事をまとめてPagesに書く作業を1つのPagesに対して共同で利用できます( ^ω^ )

その他にも簡単にクロマキー(人物を動画撮影する時に背景をグリーンにした状態で撮影すれば人物だけ動画で切り出す方が出来る機能)動画が作成できる事で撮影した植物の下で蟻と一緒の大きさで作業する事も可能ですよ( ^ω^ )

この様に複数人での作業を簡単に共有しながら作業が出来ますから皆さんも一度使って見るとその凄さがよく分かると思いますよ( ^ω^ )

最後に…

f:id:candymat731:20170419074020j:image

これが南會津の知人ととある学校の教師2人で共同操作を行いお互いのアイデアを書き込んだ成果物です( ^ω^ )まだ制作途中だそうですが…

事実この2人の作業場所は近くではなく、かなり離れた場所で作業時間もバラバラの状態で作業を進める方が出来るのがこの共同作業の最も価値のある使い方ですね( ^ω^ )