AI&IoT倶楽部

AIとIoTをメインにIT全般を楽しむ倶楽部ですが他にも気になる事をブログします( ^ω^ )

Roland VR-3EXってどう使うの?

前回はAVミキサーについて簡単に紹介しました!

今回は実践!とまではいきませんが簡単に使い方を紹介します( ^ω^ )

f:id:candymat731:20170502064036j:image

AVミキサーは文字通りAudioVideoをミキサーするという事で音響ビデオ映像を扱います!

これだけ聞くとビデオ編集アプリも音響とビデオ映像を使いますが決定的に違うのがAVミキサーはリアルタイムで音響とビデオ映像をミックスして動画を作って行く!という事です( ^ω^ )

マイク・ビデオ・テロップ・外部音響

今回は野崎プロレスを配信するのですが…何を配信するのか?を考えると…リング映像実況音声と映像場内音響テロップを配信するという事で設定をしました!

f:id:candymat731:20170502064111j:image

左にある上下スライドは最大4本のマイクのボリュームをコントロールします( ^ω^ )

例えば1番が実況2番が解説!などですね!

外部音源は今回のイベントのように放送だけではなく会場にも解説や実況や音楽をながす場合にそれらの音だけを配信用としてミキシングするのでその音のボリュームコントロールです!

 放送用音響出力マイク外部音源放送用の音として出力する時のボリュームコントロールです!

1〜3のカメラVR-3EXでは最大4台ビデオカメラ機材をHDMIで接続が可能なのです!今回は2台のビデオカメラではなくiPhoneHDMI接続してビデオカメラの代わりに利用する予定ですヽ( ゚ 3゚)ノ最近のスマートフォンの解像度や反応速度はもう家庭用のビデオカメラ並かそれ以上ですからねヽ( ゚ 3゚)ノ

テロップは4番目(正式にはチャネルと言います)のビデオカメラ機材として利用するのですが今回はこれをテロップように利用します( ^ω^ )

今回はこのチャネルにはMacBookProKeynoteで作成したテロップを流す為にMacBookProをHDMI接続します( ^ω^ )

※テロップとは例えばテレビ番組で司会者が出て来た時に司会者の名前が出てきたりすると、あの文字やロゴなどを言います。

テロップOnOffはテロップ画面を出すか出さないか?の操作を行うボタンです( ^ω^ )KEYと書かれているのは簡単に云えばクロマキー処理を行なうのか?どうか?の切り替えです!

こうして、音響と映像とテロップを今回で云えばプロレスの進行に合わせてミックスした物をUSBで接続せれたPCによりインターネット経由で配信されますヽ( ゚ 3゚)ノこの仕組みは例えば皆さんがWEBカメラを使ってビデオチャットを行う時に外部用カメラをUSB接続して映像と音声が相手に送られるのと同じ仕組みです!

AVミキサーを使うメリット

ここで素朴な疑問として出てくるのが今のPCはいろんな事がすごい速さで実行できるのでミキサーで行なっている事は全てPCアプリを使えば出来るのに何故わざわざAVミキサーを使うのか?

本当は見た目のカッコよさじゃないの(;一一)

これも有りますね( ^ω^ )やはり何か凄い配信をしている感は有りますからねヽ( ゚ 3゚)ノ

もちろんそれだけではなく本当の理由があります!

それは配信負荷なのです!

こんな言葉が有るのかわかりませんが私自身はそう呼んでます!

 配信はリアルタアムで行う事が多いのですがその時に問題となるのがモリーリークによりPCの配信アプリ落ちてしまうヽ( ゚ 3゚)ノ

これを避ける方法はただ一つ…配信アプリ以外は出来るだけ他のアプリを使わない事!なのです…

要するにWEBカメラと同じように扱えるAVミキサーはまさにこの条件にピッタリなのです!

明日はいよいよ野崎プロレス開催!

 と言う事で本日は昼から会場に行って配信機材のセットアップと打合せやテロップ修正などを行い明日の本番を迎えたいと思います( ^ω^ )

また放送URLも発表しますのでゴールデンウイークでゆっくりと過ごされている方は是非ともご観覧下さい( ^ω^ )